効果の確認をする

看護師

事前のイメージを得る

ボトックスでエラを取る際には、病院のカウンセリングで効果の持続時間などを知ることが大切です。持続時間は半年くらいとされていて、同じ部位に再び注射を打つこともできます。ボトックスでエラを取る際には、ボトックス注射でエラの筋肉を落とします。筋肉を落とすことでどの程度取れるかを施術前にイメージすることは大切です。美容外科で使用するシミュレーションは進化しているので、施術前に施術後のイメージを得やすくなっています。カウンセリングではエラ取り以外に希望することを確実に伝えることも重要です。ボトックスは筋肉に作用するのでしわ治療を行うこともできて、額や目尻の気になるしわを取ることもできます。エラ取りと同時にたるみを感じる部分の真皮内に少量ずつボトックスを注射することで、肌の質感を改善して小顔効果などを得ることも可能です。幅広い効果を期待できる施術はどのように活用するかを考えるかが大切です。初めて施術を受ける際にはカウンセリングに時間をかける必要もあります。ボトックス注射には様々な種類がありますがボトックスビスタなどの人気は高いです。施術に使用するボトックスは品質の良い薬剤である必要があり、承認を受けていることが大切です。使用する薬剤についてはカウンセリングなどで十分に確認することが大切です。この施術は短時間で済む利点があり、目尻のしわだけなら15分程度で済ますこともできて効果も高いです。エラ取りと同時にしわを取る時は、ボトックス注射とヒアルロン酸を活用することも多いです。エラを取ってあごのしぼんだ部分にヒアルロン酸注入することで、顔にハリを持たせて顔の印象を大きく変えることもできます。エラの筋肉は歯ぎしりが原因で発達することも多くて、ボトックス注射でその発達筋肉を落とすことでフェイスラインはよりすっきりして小顔効果を得ることが可能となります。この施術を受けるタイミングは様々で、大事な予定やイベントの前に受けることなども多いです。こうした時は一か月くらい余裕を持って施術を受けると効果的です。

Copyright© 2018 エラが気になるならボトックス注射!フェイスラインを細くする All Rights Reserved.